落花生

アレルゲン物質

特徴

  • 加熱するとアレルゲン性が増加する傾向があります。
  • 胃酸にも強く反応を起こす性質を保ったまま腸まで運ばれるため、微量でも注意が必要です。
  • 落花生の殻にもアレルゲン性があります。

落花生を含む加工食品の例

  • ピーナッツバター、ピーナッツクリーム
  • スナック菓子類
  • 市販のドレッシング、サラダやサンドイッチ

注意点

  • ピーナッツオイルを含む化粧品

   皮膚や目、粘膜からの吸収により症状が出る場合があります

クルミ・カシューナッツなどの樹木ナッツ類は、落花生とは原因となるタンパク質が異なるため、すべての種を一律に除去する必要はありません。

引用:https://www.food-allergy.jp/info/symptom/,https://www.miraizaidan.or.jp/patient/diet/elimination_alternative/peanuts.html