えび・かに

アレルゲン物質

特徴

  • えびとかには、アレルギーの原因となるタンパク質が似ているため、えびとかにの両方で症状を起こすことが多くあります。
  • えびやかにで作ったスープや出汁も注意が必要な場合があります。
  • 幼児期に発症し成長とともに耐性を獲得することは少なく、成人でもっとも多い原因アレルゲンです。
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシーを起こす頻度の高い原因食物です。

えび・かにを含む加工食品

  • えび、かに(お刺身および加熱したものすべて)
  • 加工食品
    • カップラーメン、カップスープなど
    • かに風味かまぼこ
    • 冷凍、チルドの焼売や餃子・えびせんべいやスナック類

引用:https://www.miraizaidan.or.jp/patient/diet/elimination_alternative/crustacea.html